西洋と東洋医学の概要

人の体を治療するという行為は、有史以前から始まったとも言えます。
口承によれば、医療の始まりは、政治にも共通する、魔術であり、人が病気になって苦しんでいる時は、祈祷師に依る神への祈り等を行っていたと言います。
それが、徐々に自然への関心が高まり、自然とはどういうこともかと考えるようになり、さらに、人の体の解明へと向かったと言われています。
現在の医療は、近代医学が主流であり、機械で患部を視覚化し、必要ならが、患部をメスで手術するというものです。
大きく分けて、内科および外科に分かれ、内科で直らなければ、外科的手術というのが、セオリーとも言えます。
言い換えれば、害虫を廃除しようというのが、近代医学であり、それは古代ギリシャから生まれた、西洋医学の考え方と言えます。
しかし、西洋があるなら東洋があるように、東洋医学というものも、現在行われています。
こちらは、西洋医学と逆の考え方に基づかれているとも言え、害虫を廃除というよりは、害虫の働きを弱め、それとともに心身のバランスを整え、害虫を寄せ付けないにすることが第一とも言えるでしょう。
古代中国に誕生し、今日まで綿々と受け継がれている、医学と言えます。

このサイトでは、こんな西洋と東洋医学にスポットを当て、その全体的な概要をお話しています。
西洋医学とは一体どういうものであり、また、東洋医学も一体どういうものであるのかを説明しています。
また、西洋と東洋医学の相違点を抽出し、その融合についても指摘をし、それぞれの歴史についても、言及しています。
また、これからの医療として、西洋と東洋医学を含めた、今後の展望についても、解説しています。
日本は、古くは東洋医学、近代以降は西洋医学を主流な医学としてきました。
底には東洋が流れも、上層は西洋の顔をし、近年の融合の考え方を、伝統的に所有しているとも言われています。
ここでの記述が、皆さんのお役に立つようであれば、誠にうれしい限りです。